bluXgraphics言葉は現実になる.夢のようと口にすると夢のような事が起きるMyMission is人の夢を応援するこT

■D.D.BOYSチームインフォメーション2014.10.27■レース(レポート)

f0208665_831796.jpg

f0208665_831711.jpg

f0208665_831737.jpg

2014.10.27・D.D.BOYS Racingインフォメーション

このメールは、D.D.BOYS Racingの最新情報をお伝えするメールニュースです。
■鈴鹿サンデーロードレースのご報告

10月19日(日)鈴鹿サンデーロードレース「JSB1000」クラスに、クラブチーム員の西岡丈二が参戦しましたのでレース結果をご報告いたします。

ST(ストック)仕様のアプリリアRSV4にて、JSB1000クラスへチャレンジです。
<レース大会>
2014年10月19日(日)
鈴鹿・近畿選手権シリーズ第5戦(東コース)
<クラス>近畿ナショナルJSB1000

<ライダー> 西岡丈二
<マシン> aprilia RSV4Factory APRC

<レース結果>
予選:クラス5位/総合13位
決勝:クラス2位/総合・ 8位

<選手リポート>
第1戦の東コースは雨天のウェットレースだったので、ドライのレースウィークは今回が初めてです。
これまでのレースや練習走行にて、未だベストな車体セットが決まらず、毎回走行するたびにトライしてきましたが、中々良い感触が得られず少し焦っています。

9時50分からから始まる予選は15分間です。タイヤはダンロップのUSEDのソフトコンパウンドで走ります。
決勝用にフレッシュタイヤは温存しました。自分のライディングは、比較的タイヤに優しいスタイルなので、ソフトコンパウンドの方があってるようです。
今大会は参加台数が多く、クリアラップが取れない事が予測されます。
コースインして1周走る間に早くもペースの遅い集団に遭遇…この集団をうまく抜ければクリアラップになるだろうと思い我慢して走るります。
ようやくパスしタイムアタックを試みるが、すぐに次のグループに追いついてしまいました。
その中にちょっとパスしにくいライダーがあり、ストレートが妙に速くコーナーで引っかかるため、一度ピットインすることにしました。
その際に、少しフロントイニシャルを抜きました。ダンロップコーナーでフロントに違和感があったためです。
再びコースに戻り、先ほどより混んでなく良いスペースで走れる事が出来ましたが、抜いたイニシャルが裏目に出て攻めきれず、ピットイン前のベスト54秒588を更新できず予選が終了。
クラス5位・総合13位と後方に沈んでしまいました。
予選でセッティングの変更を試したおかげで、方向性を確認出来たのは収穫でした。

決勝は14時30分から15周です。気温は29度と暑く路面温度も上がってきました。
セッティングにも対策を講じ、予選と同じダンロップのソフトコンパウンドを前後ニュータイヤを装着して準備はOKです。
1周54秒台で15周の周回数。あっと言う間に終わる感じです。スタートから全力疾走で走らなければなりません。
抜きにくいレイアウトなのでスタートがもっとも大事です。選手権になるとスタート後の1周目は、とても接近戦になるので集中します。

スタートは、シグナルの消灯です。反応は良かったけれど、ジャンプアップするほどのスタートではありませんでした。
それでも数台をパスしてポジションをアップしたまま1コーナーをクリア。3コーナーで目前の同じクラスの選手が激しく転倒し、労せずさらにポジションをアップしました。
2周目は落ち着いた感じで縦に一列になります。ここから追い上げが大変でした。
前を走るのがクラス2位の選手だったので何とか前に出ようと試みます。
自分の方がペースが良かったので、早く前に出たかったのですがなかなか抜けきれず、
ストレートで離されてはコーナーで追いつきを繰り返した後、1コーナでパスすることに成功、クラス2位に浮上しました。

その後、クラス1位の選手に追いつこうと、ペースの遅い前車をパスしますが、パスすのに数周を要してしまい、ようやく前に出た頃には、クラス1位のライダーとの差は大きく、残り数周には周遅れも出始め、そのままのポジションを維持したままゴールとなってしまいました。
クラス2位・総合8位、ベストタイムは54分447でした。
東コースのレースは、やはり予選順位が大事と痛感しました。

今大会終了時点でランキング2位。ランキング1位まで後1ポイント。
残り1戦でチャンピオン争いもいよいよ2人に絞られましたようです。
僅か1ポイント差です。この1ポイントを逆転する為に更に努力したいと思います。
ご支援とご協力くださいますチーム関係者、協賛企業の皆様へ心より感謝申し上げます。
メカニック、ヘルパーとしてお手伝いくださいました.友人の皆さんありがとうございます。
最終戦はみんなで力合わせて頑張ります!

予選リザルト
http://www.suzukacircuit.jp/result_s/2014/sundayr/1019_jsb1000_q.html
決勝リザルト
http://www.suzukacircuit.jp/result_s/2014/sundayr/1019_jsb1000_f.html

D.D.BOYS Racing
運営:有限会社レーシングデザイン
モータースポーツGr
〒561-0891大阪府豊中市走井1-5-35
TEL.06-6850-0078��
FAX.06-6850-0079
営業時間10:00〜19:00 月曜定休
e-mail: ddboys@racingdesign.co.jp
HP: http://www.racingdesign.co.jp/ddboys/
facebook: https://www.facebook.com/ddboysracing
by blu-x-graphics | 2014-10-29 08:03