bluXgraphics言葉は現実になる.夢のようと口にすると夢のような事が起きるMyMission is人の夢を応援するこT

■D.D.BOYSインフォメーション 2016.9.4■レース(モトレヴォ3耐)

f0208665_11102659.jpg

f0208665_11102625.jpg

f0208665_11102658.jpg

f0208665_11102633.jpg

f0208665_1110269.jpg

f0208665_11102630.jpg

f0208665_11102643.jpg

f0208665_1110264.jpg

f0208665_11102697.jpg

2016.9.4D.D.BOYS Racing インフォメーション  
D.D.BOYS Racingの最新情報をお伝えするメールニュースです。

■RSV4RFデビューウィン!モトレヴォリューション3時間耐久レース優勝!!

9月4日(日)に開催されたモトレヴォリューション3時間耐久レース(岡山国際サーキット)に、クラブチームTeamD.D.BOYSが参戦しました。
チームから、今夏発売のRSV4RFをはじめ、計4台のアプリリアRSV4シリーズがエントリーしました。
RSV4RFにて参戦する#44ライディングスポーツTeamD.D.BOYSは、第1ライダーにチームから西岡丈二選手。第2・第3ライダーには、アールエスタイチ・レーシングサービスの藤本淳一氏と二輪レース専門誌・ライディングスポーツの青木 淳編集長をゲストライダーに迎えて3人体制で挑みました。
公式予選は、このレース大会がマシンのシェイクダウンとなったため、決勝レースに向け車体セットの確認やセッティング作業を進めながらのタイムアタックとなりました。 3名とも各10分の短い予選をこなし、西岡丈二選手が自己ベストに届かないものの1分37秒3をマークし、総合2位・EF-SBクラス1位の予選結果を得ました。
決勝レースは、午後2時00分スタート。ル・マン式スタートで行われ、ピットのチームスタッフから歓声が沸きあがるほど、第1ライダー西岡丈二選手が見事なスタート&ホールショットを決めトップを快走します。 しかし、スタートで多重クラッシュが発生し、すぐにペースカーが導入。その後も再度ペースカーが導入されるサバイバルレースとなりましたが、トップをキープし1回目のピットイン。給油とライダー交代を行い、第2ライダー藤本氏がコースイン。 自身も毎年この大会にエントリーしている藤本氏。練習・予選を通しRSV4RFで自己ベストも更新し、トップをキープしたまま2回目のピットイン。給油とライダー交代を行い、第3ライダー青木編集長がコースイン。
青木編集長も競り合いの末、惜しくもトップを明け渡すものの2位をキープし、最後となる3回目のピットイン。給油と西岡丈二選手に再度ライダー交代し、コースイン、トップの選手を追います。
コースイン後数ラップで、バックマーカーを駆け引きにトップに浮上。しかし、3時間のレースをタイヤ無交換のため、簡単に引き離せることはできず、ほとんど前後に並走しての周回が続きます。
終盤は、滑るタイヤをRSV4RFの電子制御APRC(トラクションコントロール)が絶妙にライダーをサポートし、最終的に2位と約5秒の差を開くことができ、トップでチェッカーを受け、総合・EF-SBクラスともに優勝を獲得。RSV4RFのデビューウィンを実現することができました。
#59TeamD.D.BOYSの田中俊彦/児嶋智顕選手組もRSV4Factoryにて、初めての1,000ccの耐久レース参戦でしたが、見事16位で完走しました。

参戦に向けご支援いただきましたメーカーならびにスポンサーの皆様、ご声援いただき、ありがとうございました。

今大会のレース参戦は、ライディングスポーツ誌に掲載の予定です。

アプリリア/モト・グッツィ正規ディーラーD.D.BOYS Racing
運営:有限会社レーシングデザイン モータースポーツGr
〒561-0891大阪府豊中市走井1-5-35TEL.06-6850-0078㈹ FAX.06-6850-0079
営業時間10:00~19:00 月曜定休
e-mail: ddboys@racingdesign.co.jp
HP: http://www.racingdesign.co.jp/ddboys/facebook: https://www.facebook.com/ddboysracing
by blu-x-graphics | 2016-09-05 11:10