bluXgraphics言葉は現実になる.夢のようと口にすると夢のような事が起きるMyMission is人の夢を応援するこT

イギリスの三輪車 リライアント リーガル

f0208665_71494.jpg

f0208665_714996.jpg

f0208665_714973.jpg

19才の時に、一年間イギリスで介護ボランティアに参加してて。

障がい者の専門学校の寮で生活全般のお手伝い。(今は、その制度はないみたいです??。)

イギリス行く時、万一に備えてバイクの国際免許を持っていった。そこにはなんと『車重〇〇kg以下?たしか、の三輪車が運転できる』と書いてあるのを見つけ、当時イギリスにはリライアントというメーカーが三輪車を作っていて、結構走っていて、中古車やで30年前のが10万円くらいで売っていたから、買ってしまった。)
車重は何キロかは定かではなく。たしかダメだった印象があったけど、『外国人だから、わからなかった。ごめんなさい』ですまそうと思って。(父の口癖。『何かあっても、問題は起きてから考えればいい。とにかく何かをやらないといけない』の受け売り。親父も本田宗一郎氏の『何かに挑戦する10年、何もしない10年。雲泥の差になる』の受け売りみたいだけど)

良き思い出

構造が超単純だから、自分でも手におえそうだった。
シャシーにガバッとFRPボディを乗せているだけだった。

頑張って、もってくればよかった!(´Д`)

いま、この車が町を走り回ったら、かなり高揚すると思う。そんな能天気な世相もいいなーと。

#リライアント リーガル
by blu-x-graphics | 2016-07-06 07:14